CONTENTS
カリキュラム取得迄の流れとスタイル受講スタイルのご案内  |  試験内容  | 試験問題例
認定グッズ  |  受験資格  |  受講受験費用  |  試験日程

古今東西、『食』がそれらに及ぼす効果・影響はさまざまな考え方が存在し良くも悪くも消費者を惑わす要因となっています。
これらのあらゆる考え方・情報に精通し、お客様が求める『食』の楽しさと健康を常にベストな形でご提案するのがフードオーガナイザーです。

wa-oreカリキュラム
【全資格共通】
ecalic036 004もてなしの基
真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能
ecalic036 004食品・飲料の基礎知識
食品・飲料の語源
各商品の効果的な分類方法と商品特性
発酵/食品・飲料の保存管理
ecalic036 004食品・飲料の文化
食品・飲料の歴史
世界各国の食文化
接客サービスと日本文化
ecalic036 004テイスティング
ecalic036 004マネジメント
飲食、サービス業の価値を高めるために
セールスプロモ−ションの基本

【フードオーガナイザー】
ecalic036 004お客様のための「食医」を目指して
フードオーガナイザーとは
ecalic036 004「食」を提供することの重大性
典座教訓について
ecalic036 004「食」についての現代、西洋的な考え
からだは食べものから作られる)
ecalic036 004中医学(中国伝統医学)の飲食営養学
食の養生を重視した医学
ecalic036 004「食養」を用いたセールスプロモーション

【使用テキスト】

もてなしの基(A4/中面2色/170頁)H29.4.1 第12版
フードオーガナイザーテキスト(A4/中面1色/148頁)
motoi motenashi

wa-ore取得迄の流れとスタイル
2つのスタイルをご用意しております。
※2018年11月30日(金)を持ちまして、受験プログラム「在宅コース」の新規お申し込みを一時受付停止とさせていただきます(再開時期未定)。


wa-ore受講スタイルのご案内

32px post 001 a-trans通信プログラム
時間や場所を選ばず資格取得。
受験プログラム
32px disc 001 a-trans在宅コース

時間や場所を選ばず学習。
※2018年11月30日(金)を持ちまして、新規お申し込みを一時受付停止とさせていただきます(再開時期未定)。


wa-ore試験内容 試験日程

第1次試験【筆記】
50分(12:30〜13:20)
酒類をはじめ飲食全般における基礎知識
※FBO認定会員は免除
第2次試験【筆記】
50分(13:30〜14:20)
「食の効果」に関する基礎知識
第3次試験【小論文】
50分(14:30〜15:20)
食を提供することの重大性や様々な見解からの小論文作成
例題「20代の消費者への食の提供について論ぜよ」

★通信プログラムにつきまして試験はありません。

wa-ore試験問題例
問:フードオーガナイザーとしての心構え、使命を述べよ。
問:中医飲食営養学の「営養」の意味を端的に述べよ。


wa-ore認定グッズ
dip sake
合格後には認定証書・認定章に加え、食品、飲料の総合的な知識を持った「F&Bナビゲーター」の認定証書を発行します。
また、認定番号入り「デジタル会員証」の他、「資格者認定シール」を付与しております。
(その他会員特典)
・「会報誌」送付
・FBOホームページ「有資格者」登録
・認定会員割引
→FBO主催のセミナーなどが50%offで受講できます
・ブラッシュアップ受講
→「WEB受講」「在宅受講」のスタイルがあり、認定講習会を聴講することが出来ます。(詳細はこちら
・メールマガジンの配信
→お得なセミナー情報や酒類情報が得られます

wa-ore 受験資格
お申込時に満20歳以上の方。
記載内容全てに承諾いただいた方。

wa-ore受講受験費用
受講スタイルにより異なります。詳細はご希望の受講スタイルにてご覧下さい。

 

order 170